レンタル倉庫を借りたきっかけ

トランクルームを借りたきっかけ


私がトランクルーム(レンタル倉庫)を借りることになったきっかけは、
長期の海外旅行に行くためです。

東京の賃貸マンションを引き払い、
それまで働いていた会社も辞めて、
半年~1年くらいの間、自由気ままな旅行をしようと決めたからです。

この計画を実行するのにあたって、
まず困ったのが家財道具一式の保管場所。
当時住んでいたのは月額10万円を超えるマンションでしたので(2人住まいです)、
そのまま借りておくなんて選択肢は絶対にあり得ません。
実家もスペースが限られていて、
家財道具一式を収納しておく余裕はありません。


そんな時、トランクルーム(レンタル倉庫)なるものがあるというのを
どこかで聞いたことがあったのを思い出しました。。
早速、埼玉県の実家の近くをざっくりと調べてみると、
8畳の広さで、3万円前後が相場ということがわかりました。。
「高い!」というのが、その時の感想です。

そこで、風呂なし・トイレ共同、築年数の古い安アパートを借りて
荷物を収納しておくことも考えましたが、
若干ですが、月額費用が高くなってしまうようです。
加えて、敷金・礼金・仲介手数料・火災保険などの初期費用や、
管理費(更新料)なども必要になってしまいます。
契約手続きに手間と時間がかかってしまうのもネック。
トランクルーム(レンタル倉庫)なら、郵送で契約ができるのです。

また、家財道具一式を預けておくには、
セキュリティ面で不安だったり、
荷物の積み下ろしに行った際、車を停めるスペースがない、
家賃の口座引き落としができない可能性がある(毎月振込みが必要)
といった理由から、アパートを倉庫代わりにするのはやめました。

そこで、トランクルーム(レンタル倉庫)について、
本格的に、調べることにしました。

私の場合は、海外から帰国した後も、
しばらく実家に住むつもりでしたので、
季節の洋服や小物類といった荷物の出し入れに、
2ヵ月に1度くらい通うと想定して、
実家から車で30分以内のところを探しはじめました。

トランクルーム探しなら

トランクルームの見学者

公開! トランクルーム

  トランクルームの外観
トランクルームの外観です。車を扉の前に横付けできるので収納が楽々

  レンタル倉庫の中身
段ボールをぎっしり積んでいます。中央は通路にしています

  家電・家具を収納
家電、家具も8畳型コンテナなら収納問題なし

  コンテナの扉
コンテナの扉はこんな感じ。セキュリティ対策のしっかりした業者がおすすめ

プロフィール

trunkroom

Author:trunkroom
東京で二人暮らしをしていましたが、長期の海外旅行のため、家財道具一式をトランクルーム(レンタル倉庫)に預けました。
プロフィール詳細はこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: