100均アイテムを使った衣類の収納術。クローゼットを広く使うには…

収納力アップには、まず取り出しやすさから改革!


ハンガーにかかった女性服

衣類を上手に収納できれば、限られたスペースを有効活用し、衣類の出し入れにかかる時間が節約できますよね。さらには、同じような服を買ってしまうといった失敗を防ぐことができます。

その衣類収納グッズにあまり費用をかけないようにして、できれば収納グッズは、ダイソーやキャンドゥやセリアなどの100均などで低コストで済ませたいですよね。

今は東急ハンズやロフト、ニトリのような家具屋、島忠などのホームセンターに行かなくても100均でほとんどの衣類収納グッズがそろってしまいます。

例えば収納ケースやカラーボックス中に下着や靴下などの細々した肌着や衣類を収納してすぐに取り出せるようにするには、100均で購入できる衣類の仕切りや、専用の収納箱が活躍します。

靴下用やパンツ・ブラジャーなど収納するものによって大きさを選べば、毎回上にある同じ下着ばかりつけてしまうこともありません。ニットや分厚いパーカーなどの季節モノ衣類は、シーズンオフの際は中に圧縮袋に防虫剤を忍ばせてコンパクトにしておけば、虫に食われる心配もなく収納に場所を取ることもありません。

100均の圧縮袋は種類もあり、掃除機で中の空気を吸い取るタイプのものだけでなく、衣類を入れたとくるくる巻いて押さえつけて空気を抜くことで圧縮できるものもあります。これだと掃除機がいらないので旅行先に持っていったりするのにも便利です。

圧縮袋に入れられないような大きなコートやダウンジャケットは、収納カバーをかけてクローゼットにつるしておけば、埃が付くのを防ぐことができます。

押入れまるまる空にすることも可能!?


収納力アップのために!

据え置きのクローゼットがないおうちもあると思いますが、わざわざ大きなクローゼットや洋服ダンスを買ってしまうと部屋が狭くなるし、将来引っ越し先で据え置きのクローゼットがあると無駄になってしまいますよね。

もし押入れに布団や押入れの空いたスペースに収納ケースを入れて衣類を収納しておくこともできます。ただし、押入れは梅雨時は特に湿気やすいので、カビを防ぐためにも除湿剤を使用したり、時々ふすまを開けて湿気がこもらないように注意しなくてはいけません。

「もうクローゼットがいっぱい!」
あるいは、
「洋服ダンスを買うか迷っている!」
という方に便利なのが、トランクルーム。

あなたの家の近くでも、トランクルームの看板を見かけたことがありませんか。

トランクルームを利用すれば、押入れひとつ分、2畳用くらいの収納スペースが、月額料金で借りられます。これで押入れひとつ分、まるまる空っぽにすることもできちゃいます。

たとえば季節の衣類やストーブ、スノボや、昔の雑誌、使っていないスーツケースなどなど。これらをトランクルームに保管して、家の押し入れには、今、リビングで散らかっているものを入れたら、最高だと思いませんか。

トランクルームでの保管についての記事はこちら


トランクルームのおすすめをまとめた記事がありますので、ぜひ、チェックしてみてください。

突っ張り棒のこんな使い方


さて、押入れの収納方法は衣類用の収納ケースだけではありません。押入れのサイズを測ってその長さに合う突っ張り棒を100均で見つけることができれば、同じく100均のS字フックを使って様々な衣類をかけて収納することができます。

例えばハンドバッグや帽子など、ついつい同じものばかり手に取って使ってしまいがちですが、お店のようにすべて並べてかけておけば、簡単に選ぶことができるので、おしゃれの幅も広がりそうです。

収納の一番のポイントはデッドスペースを作らないことですので、収納ケースのサイズや収納したい服のサイズ、ボリュームをあらかじめ把握しておくことが必要です。そうすることで、常にそのスペース内で服を収めたいという気持ちになり、本当にほしい服だけを買うようにしたり、着ていない服をさっさと処分することもできるようになります。

衣類のための収納の計画を立て準備をするのは手間がかかりますが、ダイソーやキャンドゥやセリアなどの100均ショップであれば多少失敗してもダメージも少ないし、どんどん自分オリジナルの収納ができあがっていくので楽しくなるでしょう。

コジマジックの押入れ収納術の記事では、さらに面白い100均グッズの活用法を紹介しています。

コメント

非公開コメント

トランクルーム探しなら

トランクルームの見学者

公開! トランクルーム

  トランクルームの外観
トランクルームの外観です。車を扉の前に横付けできるので収納が楽々

  レンタル倉庫の中身
段ボールをぎっしり積んでいます。中央は通路にしています

  家電・家具を収納
家電、家具も8畳型コンテナなら収納問題なし

  コンテナの扉
コンテナの扉はこんな感じ。セキュリティ対策のしっかりした業者がおすすめ

プロフィール

trunkroom

Author:trunkroom
東京で二人暮らしをしていましたが、長期の海外旅行のため、家財道具一式をトランクルーム(レンタル倉庫)に預けました。
プロフィール詳細はこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: