テンツーのトランクルームと引越しまとめ

テンツーでは、家具ひとつもOK。大きいのは2畳タイプのコンテナ


テンツーのトランクルームは、大きく分けて2タイプ。

  • コンテナでの荷物預かり(コンテナルームサービス):大量の荷物保管が可能。荷物の大きさに応じて4つのコンテナサイズがある
  • 単品預かり(トランクルームサービス):ダンボール一箱や家具ひとつなど。


テンツーの設備としては、低温低湿倉庫を選べば、冷暖房に加え除湿まで対応。温度は20℃、湿度は60%と、カビに強い空間となります。

また、防塵対策にこだわっているのがテンツー。倉庫内のすべての床に防塵塗装を施しており、さらには、粉塵回収フィルター付きの業務用電気掃除機を使用しているそうです。これが明記されているトランクルームは他の有名大手トランクルームでも書いていないポイントです。

テンツーのコンテナルームサービスは、次の4つのサイズがあります。
  • A型コンテナ:約2.5畳
  • B型コンテナ:約1.5畳
  • C型コンテナ:約2.0畳
  • D型コンテナ:約1.0畳


コンテナルームのサービス


コンテナルームサービスの3ヶ月以上の利用料金は、サイズの他、定温定湿型と常温常湿型に分かれます。最も安いD型の常温常湿型で月額保管料が5,400円。最も高いA型の定温定湿型で15,000円となります。

3ヶ月未満の短期保管の場合は、料金が高くなる仕組みになっています。荷物の途中出し入れは、1回1,500円(D型のみ500円)。

この他、初回のみ、荷扱料がかかります。また、配送料が2トン車一台、片道25,000円~44,000円必要です。この配送料は、首都圏での半日作業の概算です。

この料金は、引っ越し業者で交渉した時の料金を考えると、正直かなり割高に感じます。

実際、テンツーでは引っ越しサービスも行っているようで、そちらでは、1DKの単身で25,000円~。2LDKの3人家族で56,000円~となっています。

こちらと比較してもコンテナを運ぶだけなのに…という印象は拭えません。テンツーの引っ越し料金の方は、記載価格で済めば定価としては良心的で安いと感じますが、「~」の部分次第です。

結局は、荷物の量と距離、時期や曜日や時間帯で大きく変わっていく可能性もありますので、やはり複数の引越し業者での比較は必要に感じます。

トランクルームのサービス


テンツーの単品預かり(トランクルームサービス)の利用料金の目安ですが、和ダンスや三人がけのソファが月に3,600円。ダブルサイズのベッドが月に2,400円。ひな人形・五月人形が 1,800円です。

別途、初回のみの荷扱料がかかります。途中出し入れの料金は1回500円となります。

1~2年預けておくと、新品が購入できそうな金額ではありますが、捨てられないものを保管しておくのがトランクルームですから、こうした需要もあるのでしょうね。

倉庫業としてのテンツーのこだわり


テンツーでは、「優良トランクルーム」認定の詳細を明記しており、1類倉庫としての営業免許、倉庫業法第二十五条に定められた基準、国土交通大臣の認可をあげています。

これは、定温性能、定湿性能、防塵性能、防虫性能、防磁性能となっています。

テンツーのトランクルームの保険については、火災保険、運送保険、賠償責任保険を完備しているそうです。

セキュリティは綜合ガードマンシステムとなっています。

運営会社であるテンツーは、旧社名が東京鐵鋼倉庫。鉄鋼金属の倉庫を行っていたようです。いちはやくトランクルーム事業に取り組んだそうです。テンツーの倉庫の場所は明確に記載ありませんでしたが、所在地が東京都江東区塩浜1-1-20となっていますので、江東区と予想されます。

コメント

非公開コメント

トランクルーム探しなら

トランクルームの見学者

公開! トランクルーム

  トランクルームの外観
トランクルームの外観です。車を扉の前に横付けできるので収納が楽々

  レンタル倉庫の中身
段ボールをぎっしり積んでいます。中央は通路にしています

  家電・家具を収納
家電、家具も8畳型コンテナなら収納問題なし

  コンテナの扉
コンテナの扉はこんな感じ。セキュリティ対策のしっかりした業者がおすすめ

プロフィール

trunkroom

Author:trunkroom
東京で二人暮らしをしていましたが、長期の海外旅行のため、家財道具一式をトランクルーム(レンタル倉庫)に預けました。
プロフィール詳細はこちら

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: